株式会社JA山本葬祭センター > よくある質問

    Q1
    もしもの時、どこに連絡をしたら良いですか?すぐに迎えに来てくれますか?

御臨終に立ち会えなかった方で会わせたい方(ご家族など)にご連絡して下さい。その後、当社にご連絡頂ければお迎えにお伺い致します。お迎えは年中無休/24時間体制にて承りますので、お時間に関わらずお電話ください。お迎え場所が県外などの場合は夜間の対応は難しく、日中になってからとさせていただく場合もございます。

    Q2
    亡くなってすぐに準備すべきものは何ですか?

ご自宅にお連れする場合は亡くなった方のための敷布団だけはご準備ください。その他の物は全て当社にて準備いたします。当社安置施設の場合はご準備が全て整っておりますので、そのままお越しいただけます。写真や、手続きに必要なものなどは打合せ後の準備で大丈夫です。

    Q3
    お寺への連絡はいつしたら良いですか?

故人を安置し枕飾りを終えてから、また夜間から早朝の場合は朝になってからご連絡してください。お寺様がいらっしゃると日程の打合せもすることになりますので、ご家族がお揃いになっている方が打合せはスムーズです。

    Q4
    役所への手続きはどうすれば良いですか?

医師より渡される「死亡届死亡診断書」に必要事項を記入されてから各市町村役場に死亡届を提出して頂き、併せて火葬の手続きをとって頂くことになります。当社ディレクターと打合せの後で各役場に手続きにおいで下さい。

    Q5
    火葬場に行くときに、立ち寄りたい所があるのですが…

近隣であれば立ち寄りは可能です。当社安置施設に直接お越しになった場合など、ご自宅を経由されお別れされることをお勧めします。また、職場や好きだった場所などがお近くでしたら是非お立ち寄りください。

    Q6
    喪主になる人に決まりはありますか?

世帯主以外が亡くなったときは世帯主、世帯主が亡くなったときはその配偶者または子供とするのが一般的です。但し、喪主は葬儀全般の責任者ですので、未成年の場合、病気や高齢であったり憔悴しきってる場合などは家族間で協議してお決めください。

    Q1
    もしものために何をしておけばいいのでしょうか?事前相談とは何ですか?

ご葬儀の前にをご覧ください。

    Q2
    あまり知らせず家族で行うことはできますか?家族葬とは何ですか?

どこまでお知らせするかはご家族でお決めいただくことです。家族葬はご家族と近い親戚などにだけお知らせして葬儀を行う方法というのが一般的な考え方です。必然的に広くお知らせしないことになります。葬儀の流れは家族葬も通常の葬儀も同じです。

    Q3
    遺影写真はどんなものを選べば良いですか?スマホで撮った写真でも大丈夫ですか?

ご家族が一番その人らしいと言えるお写真をお選び下さい。お顔が大き目に写りピントが合った写真であればスナップ写真でもスマホなどのデータでもきれいにお作りすることが可能です。背景の差替え、お召し物の着せ替えも可能であり、その他様々な加工もできます。当社ではみどりの会会員様限定で無料遺影写真撮影を行っています。ご利用ください。

    Q4
    みどりの会とは何ですか?

会員制度をご覧ください。

    Q1
    自宅に連れていけない場合はどうすれば良いですか?

ご自宅はライフラインが止まっていたりなど、様々な状況がおありのことかと思います。当社には病院などから直接、年中無休/24時間体制にてお連れできる安置施設が8か所ございますので、ご都合の良い場所、条件に合った施設をお選びいただけます。火葬後など途中からのご利用も可能です。また、空きがない場合は仮安置室も2か所備えております。

    Q2
    菩提寺がない場合、お墓がない場合はどうしたら良いですか?

まだどこの檀家にもなられておらず、特に希望するお寺もない場合はご相談の上、お寺様をご紹介することも可能です。ご紹介の後はお寺様と直接ご相談していただきます。お墓については菩提寺様とご相談されるのが一番よろしいかと思います。

    Q3
    地元に両親を残し離れて暮らしていますが、万が一の時どうすれば良いですか?

お連れ先をご自宅にしたい場合は近隣の親族などと相談し、万が一の場合の対応をお願いしておきます。お連れ先を当社安置施設にしたい場合はご家族と病院(施設)のご了承を頂ければ、ご家族が不在であってもお迎えにお伺いし、当社安置施設までお連れできます。

    Q1
    葬儀はいくらくらい費用がかかりますか?いつどのように支払ますか?

葬儀の内容、規模などにより一概にいくらとはいえませんので、事前相談にてご確認されることをお勧めいたします。よそのお宅が〇〇円掛かったというのは鵜呑みにされない方がよろしいかと思います。同じ条件でない限り同じような費用になるとは限りません。お支払期日は葬儀後一定期間を設けております。お支払方法は、口座引き落とし(一部農協)、クレジット払い、集金などお客様のご都合に合わせてお選び下さい。

    Q2
    家族葬は費用を抑えられますか?最低いくら位掛かりますか?

葬儀費用は頂いたご香典と実際に掛かった費用の差額がご家族の負担する金額となります。お布施や遺影写真、仏衣や棺などは葬儀の規模に関わらず必要な費用です。参列者が少ないとお料理や返礼品の費用は抑えることができますが、頂くご香典も必然的に少なくなります。「費用を抑えたい=家族葬」というのは必ずしも当てはまりません。一般的なご葬儀でも贅沢なものを避けることにより費用を抑えることは可能です。どの程度まで負担できるのか、よく検討されたうえで事前相談され、お見積りなどで費用をご確認されることをお勧めいたします。

    Q3
    お寺様へのお布施の金額は?いつ渡しますか?

本来お布施の金額に決まりはございません。ご不明な場合は菩提寺様に直接お伺いするのが一番よろしいかと思います。また、ご本家様などにご相談される方もいらっしゃいます。お渡しするタイミングは葬儀終了後が一般的です。枕経、納棺、火葬などでお勤めを頂いた時にもご準備の必要がある場合もございます。また、喪主様(施主様)より直接お渡しするものですので、葬儀費用には含まれません。

    Q1
    喪主挨拶はいつありますか?弔辞は必要ですか?

喪主挨拶は火葬後と葬儀の最後、お斎(会食)の始まりにして頂くのが一般的です。サンプルもございますが、それを参考にご自身のお言葉で皆様への感謝のお言葉をご準備ください。場合により代理の方がご挨拶される場合もございます。弔辞はあってもなくても問題ございません。また、お孫さんなどからのお別れの言葉というのもあります。

    Q2
    貸衣装はありますか?着付けをお願いできますか?着替えができる部屋はありますか?

男性礼服、女性礼服・喪服(和装)がご用意できます。着付けやヘアメイクなども承りますのでご相談ください。また、全てのホールに着替えのできるお部屋がございます。

    Q3
    喪家に何か寄贈品を届けたいのですが、どうすればいいですか?

寄贈品・仏具をご覧ください。

Scroll Up